月例会

  • 2019年1月例会(1月24日)のお知らせ 2019年1月7日
    JASTJ 25周年「未来をどう切り開くか」討論会(3回シリーズ) 第1回「脱原発で脱炭素できるのか」 時代の節目となる2019年にあたり、JASTJでは、科学や技術にまつわる社会問題を総括し、今後の科学ジャーナリズムの在り方を考える3本シリーズを企画します。第1回は、脱炭素社会の構築が世界の緊急課題となっていることから「地球温暖化とエネルギー」がテーマです。地球温暖化対策と脱原発は両立することが可能なのか? 講師は、この問題に長く取り組んできた横山裕道さん。お話ののち、会員間で自由闊達な議論を行います。こぞってご参加ください。 (1時間講演+1時間QA、ディスカッションの予定) 講師:横山裕道(よこやまひろみち)さん(JASTJ会員・元淑徳大学教授) 日時: 2019年1月24日(木)午後6:30〜8:30 場所:日本プレスセンタービル8階 特別会議室(東京都千代田区内幸町2-2-1)     http://www.presscenter.co.jp/access.html *今後のテーマ(予定) 第2回「デジタル化する社会」(2月) 第3回「生命科学と倫理」(3月) 横山裕道(よこやまひろみち)さん 1944年仙台市生まれ。東京大学理学部卒。同理学系大学院修士課程修了後の1969年毎日新聞社入社。東京・社会部を経て1984年科学部。同副部長、論説委員、科学環境部長兼論説委員などを歴任。2003年から淑徳大学国際コミュニケーション学部教授。2017年から2018年3月まで同大人文学部教授。現在、科学・環境ジャーナリスト、環境省「国内における毒ガス弾等に関する総合調査検討会」検討員、埼玉県和光市環境審議会会長。これまでに中央環境審議会特別委員・臨時委員、埼玉県環境審議会会長などを務めた。 著書『原発と地球温暖化 「原子力は不可欠」の幻想』(紫峰出版、2018年10月)、『気候の暴走 地球温暖化が招く過酷な未来』(花伝社、2016年)など (コメント:柴田鉄治JASTJ理事) 参加希望の方は下記URL 先に、1月17日(木)までにお申し込みください。会員以外の方の参加も可能です(勤務先などのご所属や、連絡先のご記入をお願いします)。 https://bit.ly/jastj_201901m ※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000 円をいただきます。
  • 2018年11月例会(11月29日)のお知らせ 2018年11月12日
    大人の発達障害の現状と課題 講師:加藤進昌(かとう・のぶまさ)さん(昭和大学発達障害医療研究所長) 日時: 2018 年11月29日(木)午後6:30〜8:30 場所:日本プレスセンタービル8階 特別会議室(東京都千代田区内幸町2-2-1)     http://www.presscenter.co.jp/access.html  大人の発達障害がクローズアップされています。発達障害には自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)などがあり、対人関係やコミュニケーションが苦手なため、日常生活で困難をきたしてしまいます。とくに、大人の発達障害は、子供時代に見過ごされたまま成長し、職場などでトラブルを起こし、初めて気づくケースが多く、医学的、福祉的サポートを受けないまま放置されている現状もあり、大きな社会問題になっています。大人の発達障害の研究、診療に、長年取り組み、日本をリードし続けてきた加藤進昌さんに、注目されているオキシトシン(治療薬)の話題も盛り込みつつ、大人の発達障害の現状と課題をお話しいただきます。 加藤進昌(かとう・のぶまさ)さん  1947年、愛知県生まれ。東京大学医学部卒業。帝京大学精神科、国立精神衛生研究所、カナダ・マニトバ大学生理学教室留学、国立精神・神経センター神経研究所室長、滋賀医科大学教授などを経て、東京大学大学院医学系研究科精神医学分野教授、東京大学医学部附属病院長、昭和大学医学部精神医学教室教授、昭和大学附属烏山病院院長を歴任。専門は精神医学、発達障害。  2008年、昭和大学附属烏山病院に大人の発達障害専門外来を開設し、併せてアスペルガー症候群を対象としたデイケアを開始。2013年からは神経研究所附属晴和病院でもリワークプログラムと組み合わせた発達障害デイケアを開設した。2014年烏山病院内に開設された昭和大学発達障害医療研究所で、脳科学研究戦略推進プログラムおよび文部科学省共同利用・共同研究拠点として、発達障害の科学的理解と治療研究に取り組んでいる。 参加希望の方は下記URL 先に、11月22日(木)までにお申し込みください。会員以外の方の参加も可能です(勤務先などのご所属や、連絡先のご記入をお願いします)。 http://bit.ly/jastj_201811m ※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000 円をいただきます。
  • 2018年10月例会(10月10日)のお知らせ 2018年9月10日
    顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases=NTD) ―フィラリアの根絶を目指して― 講師:一盛和世さん(長崎大学客員教授、元WHOフィラリア症対策統括官) 日時: 2018 年10 月10 日(水曜日)午後6:30〜8:30 場所:日本プレスセンタービル8階 特別会議室(東京都千代田区内幸町2-2-1)    http://www.presscenter.co.jp/access.html  リンパ系フィラリア症は、熱帯・亜熱帯地域に広がる寄生虫病である。日本でも平安時代から蔓延し、西郷隆盛もかかったと言われる。集団検診と駆虫薬の普及で日本では1970年代になくなり、人々の記憶からも消えていった。だが、熱帯ではいまも猛威を振るう。「象皮症」という異名からもわかるように外見が大きく変わり、患者はしばしば差別の対象となる。命は奪わないものの人生の質を低下させる病気だ。これの根絶が目前に迫っている。日本のやり方を世界に広めてきたからだ。その最前線で奮闘してきた一盛和世さんに、フィラリア制圧をめぐる国際・国内状況を語ってもらう。 〈参考〉WEBRONZA記事「西郷隆盛がかかった寄生虫病フィラリアは根絶目前」 (http://webronza.asahi.com/science/articles/2018022100001.html) 一盛和世(いちもり・かずよ)さん  玉川大学で昆虫を学び、東京大学医科学研究所で蚊の研究から熱帯病研究へ。ロンドン大学衛生熱帯医学校で博士号取得した後、日本の国際協力機構(JICA)の専門家としてガテマラ、ケニア、タンザニアで熱帯病対策に取り組む。1992年に世界保健機関(WHO)にフィラリア症の専門家として就職。サモアに約3年、バヌアツ6年、フィジー6年と太平洋地域をめぐり、2006年からはWHO本部でフィラリア症対策統括官を2013年の定年まで務めた。2014年から長崎大に移り、熱帯病研究と対策のライフワークを続ける。 ※参加希望の方は下記URL先に、10月3日(金)までにお申し込みください。会員以外の方の参加も可能です(勤務先などのご所属や、連絡先のご記入をお願いします)。 https://goo.gl/edB6z3 ※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000 円をいただきます。
  • 2018年9月例会(9月21日)のお知らせ 2018年9月7日
    災害時、初動対応はどうするか~警戒・避難対策、救助活動~  ―広島で連続した豪雨災害から考える― 講師:室田哲男氏(危機管理行政専門家、元広島市副市長) 日時:2018年9月21日(金曜日) 午後6:30〜8:30 場所: 東京理科大学 数学体験館「数学授業アーカイブス 兼 サロン」    (東京都新宿区神楽坂1−3 東京理科大学 近代科学資料館 地下1階)     http://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html  西日本豪雨では、改めて豪雨による土石流や洪水の被害への対策のあり方が問われました。国、自治体がリスクをいかに予測、警戒し、住民に適切な避難の指示を出せるか。また救助はどのように行われるか。特に108人の死者を出した広島県では、4年前にも広島市で土砂災害(死者77人)があり、同市ではその教訓を基に避難勧告の発令基準などを見直していました。今回、その成果がどうあったか。  当時、広島市の副市長として、その警戒・避難対策の改善に当たった室田氏をお招きし、近年、広島で発生した災害とその対応を振り返りながら、今後の防災の在り方を考える機会とします。私たち警戒・避難の情報を発信する役割を担うメディアとしても、講師との意見交換の時間を十分に取る勉強会を兼ねた月例会にしたいと考えます。 室田哲男(むろた・てつお)さん  昭和59年、東工大大学院修了後、自治省入省。総務省地域政策課長、消防庁国民保護・防災部長などを歴任。東日本大震災をはじめとする大災害の応急対策に従事。平成26年広島豪雨災害では消防庁災害対策本部の参謀班長として、被害情報の収集、緊急消防援助隊のオペレーションなどを担った。その後、広島市副市長として警戒・避難システムの見直しを総括。オバマ米大統領来訪時の危機対応も携わった。現在、明治大学大学院ガバナンス研究科兼任講師。著書に「自治体の災害初動対応―近年の災害対応の教訓を活かす」など。 ※参加希望の方は下記URL先に、9月18日(火曜日)までにお申し込みください。会員以外の方の参加も可能です(勤務先などのご所属や、連絡先のご記入をお願いします)。 https://goo.gl/28ZA1D ※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000円をいただきます。
  • 2018年7月例会のお知らせ 2018年7月3日
    日本に調査報道NPO は根付くのか ―ワセダクロニクルの挑戦― 講師: 渡辺 周さん(ワセダクロニクル編集長) 日時: 2018 年7 月27 日(金曜日)午後6:30〜8:30 場所: 東京理科大学 数学体験館「数学授業アーカイブス 兼 サロン」 (東京都新宿区神楽坂1−3 東京理科大学 近代科学資料館 地下1階) 日本で初めての、大学を拠点にした調査報道NPO法人「ワセダクロニクル」は、既存のメディアが取り上げない、あるいは取り上げることができない重要問題を、足で稼いだ調査報道を通じて世に問う新しいネットメディアです。 2017 年2 月の発足以来すでに、製薬企業のカネで薬の良さを強調する記事が配信されていた実態を描いたシリーズ「買われた記事」や、旧優生保護法による人権侵害の実態を告発したシリーズ「強制不妊」等で成果をあげていますが、読者からの寄付金のみで運営する報道機関というビジネスモデルが、寄付文化が希薄とされる日本で根付くのか、その点についても大きな注目を集めています。スタートから激動の1年半について、編集長自身に語ってもらいます。 ゲスト:渡辺 周(わたなべ・まこと)さん 略 歴: 1974 年神奈川県生まれ。大阪府立生野高校、早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本テレビに入社。2000 年から朝日新聞記者。特別報道部などで調査報道を担当。高野山真言宗の資金運用や製薬会社の医師への資金提供の実態などを報じたほか、原発事故後の長期連載「プロメテウスの罠」取材チームの主要メンバーとして、高レベル核廃棄物のテーマにした「地底をねらえ」などを執筆。2016 年3 月に退社後、ワセダクロニクル編集長。 担当 JASTJ 企画委員長 室山哲也 ※参加希望の方は下記URL 先に、7 月20 日(金)までにお申し込みください。会員以外の方の参加も可能です(勤務先などのご所属や、連絡先のご記入をお願いします)。 https://goo.gl/28ZA1D ※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000 円をいただきます。
  • 2018年6月例会のご案内 2018年5月22日
    ==福島原発事故再検証委員会 活動報告== 日 時: 2018年6月27日(水)18:30〜20:30 場 所: プレスセンタービル8階 特別会議室 (東京都千代田区内幸町2-2-1) 講演者: 再検証委員会※(代表 林勝彦) ※JASTJ・福島原発事故再検証委員会 (柴田鉄治、林勝彦、高木靱生、大江秀房、荒川文生、中道徹、倉又茂、伊藤隆太郎、西野博喜)  2011年3月11日に起きた福島第一原発の過酷事故から7年。いまなお多くの人々が故郷に帰れず事故の傷跡が大きく残る中で、原発再稼働が着々と進んでいる。しかし過酷事故に至った原因の解明や責任の所在、新規制基準で安全は本当に担保されたのか、過酷事故時の避難計画は十分かなど、今なお多くの議論が残されている。  そこで昨年4月、「日本はこのままで大丈夫か」という問題意識を持つ会員が集まって「福島原発事故再検証委員会」を立ち上げた。JASTJ会員有志は3.11直後に政府、国会、民間、東京電力の各事故調報告書を比較検証したが、その第二弾として各事故調の元委員長らが3.11後の政府の対応や日本の現状をどうみているか、インタビューをして再検証を試みた。政府、国会、民間の3事故調からは快諾を得られたが、東京電力には断られた。ようやくHP上に公開する各事故調のインタビュー映像(各20分程度に編集)と原稿がまとまったので、その作品を紹介する。あわせて参加した会員の感想などを報告する。 ※参加希望の方は下記URL先に、6月19日(火)までにお申し込みください。会員以外の方の参加も可能です(勤務先などのご所属や、連絡先のご記入をお願いします)。 https://goo.gl/28ZA1D ※会員は無料。その他の方には参加費1,000円をいただきます。
  • 2018年4月例会のご案内 2018年3月27日
    「仮想通貨がもたらすもの」 ~ 技術的・経済的到達点と課題 ~ 参加申し込みを締め切りました。多数の申し込みありがとうございました。 日時:2018年4月12日(木)午後 6:30〜8:30 場所:日本プレスセンタービル8階 特別会議室  (東京都千代田区内幸町2-2-1)    http://www.presscenter.co.jp/access.html  仮想通貨の代表格となったビットコインは、「公開鍵暗号方式による電子署名通信」「P2P型ネットワーク」「ブロックチェーンによる取引履歴の共有」「ハッシュ関数を利用した報酬制度(マイニング=採掘)」といったさまざまな技術が組み合わさり、なりすましによる詐欺や外部からの攻撃に対して極めて強固なシステムに進化した。その結果、信用が高まるにともない利用者が増加。流通総額は一時時価30兆円を突破し、決済手段としての役割も拡大している。  こうした仮想通貨の関連技術を金融全般に応用する動きは「FinTech」と呼ばれ、国内外の銀行や証券会社、中央銀行が研究や応用に取り組んでいる。さらには登記簿や個人の医療記録、音楽や映像ソフトの流通など、金融以外のさまざまな分野でも応用が期待されている。  一方で仮想通貨は、本年1月のコインチェックNEM流出事件、2014年のマウントゴックス破綻事件、最近の激しい価格の乱高下など、リスクもはらんでいる。 貨幣の発明は人類史上の大発明だったとも言われるが、インターネット空間で流通する仮想通貨の登場はどのような意味を持つものなのか。仮想通貨とは一体何か?今までの通貨とどこが違うのか? そのメリットと課題を整理し、今後の可能性について、第一線の研究者に解説をしていただく。 ※参加希望の方は下記 URL先に、4月5日(火)までにお申し込みください。会員以外の方 の参加も可能です(勤務先など、ご所属をご明記いただきます)。 岩村 充(いわむら・みつる)さん 早稲田大学大学院経営管理研究科教授 略歴  1974 年東京大学経済学部卒業。日本銀行に入行し、主として金融制度全般の企画調整を担当。ニューヨーク駐在員、日本公社債研究所開発室長、金融研究所研究第2課長などを経て、98年から早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。2016年から現職。国際会計基準委員会委員や政府の各種委員会の座長や委員を務めてきた。博士(早稲田大学)。 著書「中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来」(新潮選書)。 https://goo.gl/28ZA1D ※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000 円をいただきます。
  • 2018年3月例会のお知らせ 2018年3月3日
    == ”原発裁判”を語る == 日時:2018年3月22日(木)午後 6:30〜8:30 講師:河合弘之(弁護士、さくら共同法律事務所所長) 場所:東京理科大学 数学体験館「数学授業アーカイブス 兼 サロン」  (東京都新宿区神楽坂1−3 東京理科大学 近代科学資料館 地下1階)    http://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html  福島第一原発過酷事故は、21世紀の科学事故として歴史に残る事象でした。それから7年、サイト内の環境は整備され、政府による避難指示は、一部を残し次々に解除されました。しかし、今も故郷に帰れない人はおよそ少なくとも5万人。帰還率は例外的に田村町の80%と高率の地区もありますが、高い所でも20~30%程で、飯舘村は10%弱、浪江町は3%%程と低い数字にとどまっています。そのような状況の中、飯舘村の半数の住民や、浪江町が住民の代理として損害賠償を求めたり、20ミリシーベルト撤回訴訟などで係争中の事案が30件、また、全国の原発について差し止め裁判も30件程あり、原発裁判が進行中です。3月の例会では、あまり知られていない原発裁判の現状について河合弁護士に全体の動向を俯瞰して、主な裁判で今何が争点になっているのか客観的に語ってもらいます。講話を60分、質疑応答を 60分とする予定です。 ※参加希望の方は下記 URL先に、3月15日(木)までにお申し込みください。会員以外の方 の参加も可能です(勤務先など、ご所属をご明記いただきます)。 河合弘之(かわい・ひろゆき)さん 略歴  1944年旧満州生まれ。1968年東京大学法学に卒業。1970年弁護士登録。さくら共同法律事務所所長。  企業弁護士として、敏腕を振るう一方で、中国残留孤児の国籍取得、フィリピン残留日本人戸籍取得にも尽力。浜岡原発、大間原発の差止め訴訟の代表を務める。3・11以降、脱原発弁護団全国連絡会の共同代表として、各地の原発差止訴訟をリードしている。また、映画監督として「日本と原発」「日本と原発 4年後」「日本と再生」発表し、全国で上映会が開催されている。 https://goo.gl/28ZA1D ※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000 円をいただきます。
  • 2018年2月例会のお知らせ 2018年2月9日
    == 獣医学問題の本質 == 日時:2018年2月27日(火)午後 6:30〜8:30 講師:林良博(国立科学博物館長、獣医師) 場所:日本プレスセンター8階 会議室 (東京都千代田区内幸町2-2-1)    http://www.presscenter.co.jp/access.html 経歴:1946年広島県生まれ。東京大学農学部卒、解剖学者。ハーバード大学客員研究員、コーネル大学客員助教授などを経て、東京大学教授、同総合研究博物館長、同副学長などを歴任、2013年から国立科学博物館長。国際捕鯨委員会(IWC)技術委員会委員、世界保健機構(WHO)アドバイザー、世界獣医解剖学会副会長。著書に『ふるさと資源の再発見』『ヒトと動物』『検証アニマルセラピー』など。 「総理のご意向」問題から発展した加計学園問題は、日本の獣医学をめぐる論争に火をつけ、結果として、その現状と課題を浮き彫りにしました。行政の経過を明示することは政府の責任ですが、一方で、獣医師は本当に不足しているのか、そもそも「動物のお医者さん」以外の獣医学専門家は、いったいどこに、どのくらいいるのか、そうした現場を避けようとする獣医師が多いのはなぜか……そんな基本的な問いに応える報道に、なかなか行き当たりません。ワイ ドショー化した日本の新聞・テレビ報道が伝えてくれない“獣医学専門家”問題の本質を語ってほしいとのお願いに、林良博・国立科学博物館長が応じてくださいました。  林さんご自身が獣医学専攻であり、その広い視点から、自然科学教育問題以外にも、人類史の科学的検証、国際捕鯨委員会(IWC)をめぐる対立、野生生物管理問題、ペットとの付き合い方まで、多様な領域で、思慮に富んだ方向性と価値観を示されています。  政治的にも関心の高いテーマだけに、今回は月例会映像の公開はとりやめ、より多くの背景説明を聴かせていただき、率直な質疑・意見交換の機会にしたいと思います。 ※参加希望の方は下記 URL先に、2月20日(火)までにお申し込みください。会員以外の方 の参加も可能です(勤務先など、ご所属をご明記いただきます)。 https://goo.gl/28ZA1D ※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000 円をいただきます。
  • 2018年1月新年会と世界会議報告会のお知らせ 2017年12月14日
    JASTJでは、来年2018年の最初の行事として1月15日(月)に、会員が一年の活動の予定や抱負を語り合う「新年会」を開きます。2017年10月にサンフランシスコで開催された科学ジャーナリスト世界会議の報告会も兼ね、世界会議の参加者がそれぞれの視点で集めた情報や感じたことをお伝えし、懇親しながら会員間の交流を深めたいと思います。新会員の皆様もぜひ気軽にお越しください。当日はささやかなお土産のプレゼントなど、楽しい企画も用意しています。どうぞふるってご参加ください。 日時:2018年1月15日(月)18:30-21:00 場所:日本プレスセンタービル8階 特別会議室 (東京都千代田区内幸町2-2-1) http://www.presscenter.co.jp/access.html スケジュール: 18:30 開会 挨拶 乾杯 19:00 世界会議報告   (予定スピーカー): 小出重幸、高橋真理子、瀧澤美奈子、柏野裕美、 小島あゆみ、平塚裕子、三輪佳子、由利伸子 20:30 お土産プレゼント、写真撮影 (担当 JASTJ企画委員長 室山哲也) ※参加希望の方は事務局まで電子メール(hello@jastj.jp)で、2018年1月8日(月)までにお申し込みください。会員以外の方の参加も可能です(勤務先など、ご所属をご明記いただきます)。 ※会員と塾開催期間中の塾生は、飲食代として2,000円をいただきます。それ以外の方は加えて参加費1,000円(計3,000円)をいただきます。