科学ジャーナリスト塾

科学ジャーナリスト塾のご案内

科学ジャーナリスト塾は、JASTJが2002年から主催している科学ジャーナリストを目指す人のための半年間のトレーニングコースです。
 経験豊富な講師による授業では、科学ジャーナリストの社会での役割、具体的なアプローチ、企画手法、資料収集・インタビューの方法など、科学ジャーナリズムの実践に関わるさまざまなノウハウを学ぶことができます。専門家の指導を受けながら、自分でテーマを設定し、答えを求めて作品にまとめることで、塾生は大きな刺激を受けます。
 塾の応募者は、年齢、性別、経験などの要件はありません。私たちはこれまで、学部生から社会人、さらにはノーベル賞受賞者まで、幅広い塾生を受け入れてきました。私たちは、皆が対等な立場で議論し、科学ジャーナリズムについて一緒に学ぶことができる理想的な環境を実現します。


 JASTJの顧問で元朝日新聞論説委員の柴田鉄治さんが、8月23日に病気のため亡くなられました。柴田さんは長年、講師として本塾の発展のために献身的にご尽力されました。ここに謹んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈りいたします。以下に講義での在りし日の柴田さんの姿や塾生とのやりとりを佐藤年緒元塾長がまとめました。

 科学ジャーナリスト塾の記録から 柴田鉄治さんを偲ぶ


過去の科学ジャーナリスト塾のようす


■今期の科学ジャーナリスト塾

■これまでの記録

■修了者の声

    ・こちらをご覧ください