科学ジャーナリスト世界会議

科学ジャーナリスト世界会議とは
―1992年、東京から始まった―

 初めての科学ジャーナリスト世界会議は、1992年11月10日~13日、東京でユネスコ(国連教育科学文化機関)が主催して開かれました。日本の新聞、テレビで仕事をしていた記者たちが中心となって組織委員会(委員長=故岸田純之助・元朝日新聞論説主幹)や実行委員会(委員長=牧野賢治・元毎日新聞編集委員)を作り、ユネスコと力を合わせて会議を成功させました。

 日本科学技術ジャーナリスト会議(JASTJ)は、この世界会議の委員会が母体となって1994年に創設された組織です。いかなる権威にも拘束されないというジャーナリズムの原点に立つ、完全に独立した自由な組織としてJASTJが生まれました。

 1999年夏、ユネスコと各国科学アカデミーをたばねるICSU(現在は国際科学会議と呼ぶ)の共催で、21世紀の科学と社会のあり方を展望する「世界科学会議」がブダペストで開かれました。約2000人が参加した大会議のあと、やはりユネスコの肝いりで第2回科学ジャーナリスト世界会議が開かれました。ここで参加者たちは科学ジャーナリストの世界連盟の設立を提言します。

 2002年11月にブラジルで開かれた第3回科学ジャーナリスト世界会議で、世界科学ジャーナリスト連盟の憲章が採択されました。世界連盟は各国の科学ジャーナリスト団体のアンブレラ組織で、JASTJはいち早く加盟を決定。加盟団体は着実に増え、2004年10月にカナダ・モントリオールでの第4回世界会議で世界連盟の第1回総会が開かれました。こうしてユネスコという「親元」を離れ、世界連盟が主催して開催国に作られる実行委員会が取り仕切る「科学ジャーナリスト世界会議」が2年に一度のペースで開かれるようになりました。

 JASTJは世界連盟の創設メンバーの一つとして、世界会議に積極的に参画してきています。

最新情報

第11回 2019年 スイス・ローザンヌ会議

過去に開催された科学ジャーナリスト世界会議

第1回 1992年 日本・東京
第2回 1999年 ハンガリー・ブタペスト
第3回 2002年 ブラジル・サンノゼドスカンポス
第4回 2004年 カナダ・モントリオール
第5回 2007年 オーストラリア・メルボルン
第6回 2009年 英国・ロンドン
第7回 2011年 カタール・ドーハ
第8回 2013年 フィンランド・ヘルシンキ
第9回 2015年 韓国・ソウル
第10回 2017年 米国・サンフランシスコ