第11回科学ジャーナリスト世界会議が2019年7月にスイス・ローザンヌで

参加申し込みの受付が始まりました

 以下のサイトで申込受付が始まりました。

 https://meeting.artegis.com/event/WCSJ_World_Conference_of_Science_Journalists2019

 世界科学ジャーナリスト連盟(WFSJ)のメンバーであるジャーナリスト(JASTJ会員はこれに当てはまります)の参加費は、3月末日までに申し込む場合はCHF289(289スイスフラン、約32000円)です。

 4月1日から6月14日まではCHF359になります。

 参加を希望されている方は3月末日までの申込をお勧めします。

(2019年2月23日 記)


4つのメインテーマのもとで開催

 11回目の科学ジャーナリスト世界会議(WCSJ)が2019年7月1日(月)から5日(金)まで、スイス・ローザンヌで開かれます。「SKILLS AND TOOLS」「IDENTITY AND VALUES「SCIENCE AND BEYOND」「FUN AND ENTERTAINMENT」という4つのメインテーマのもと、全体会議や分科会、ワークショップなどが持たれます。詳細なプログラムはまだ発表されていませんが、ローザンヌ会議のホームページ(https://www.wcsj2019.eu/)ができていますので、そちらを適宜チェックしてみてください。

 科学ジャーナリスト世界会議は東京で第1回が開かれました。世界科学ジャーナリスト連盟(WFSJ)がつくったこれまでの開催場所の地図(下図)を見ると、世界各地をバランス良く回ったことが一目瞭然です。ほとんどの世界会議で終了後にフィールドトリップが複数用意され、それぞれの関心に応じて好きなコースに参加できました。それが世界会議の大きな魅力になっています。ローザンヌ会議でも、欧州原子核研究機構(セルン)やIBMチューリッヒ研究所をはじめ有名な研究施設への取材旅行が用意されます。JASTJとしては、世界会議に参加する会員に対し、渡航費用の一部でも支援できないか、検討しています。


科学ジャーナリスト世界会議の開催場所(作成:WFSJ)

(2019年1月28日 記)